アッセンブル部品-工業用ミシンアッセンブル部品の製造事例

アッセンブル部品の製造事例をご紹介

こちらでは、過去に弊社が実際に製造したアッセンブル部品の製造事例をご紹介します。

アッセンブル部品の製造事例

天秤駆動レバー組

天秤駆動レバー組

加工内容

3点のパーツによって組み合わされています。アルミ鍛造品を加工し、タフラム処理を行って、φ8h6のピンを圧入後、φ3のノック穴をあけ、テーパーピンを打ち込みます。両穴間の平行度は0.02以内です。

駆動ホルダー組

駆動ホルダー組

加工内容

ピン(3種)と土台の4点のパーツによって組み合わされています。長さの異なる3本のピンを、板の表裏にカシメている部品です。板とピンとの直角度、ピンとの平行度に厳しい公差があります。

アイガードクミ

アイガードクミ

加工内容

13点のパーツによって組み合わされています。目を保護する部品・アクリル板をチョウバンにネジで固定し、取り付け金具に組み付けています。

オイル吹き出しケースクミ

オイル吹き出しケースクミ

加工内容

6点のパーツによって組み合わされています。射出成型でオイルケースを作り、ビニルチューブ3本を取り付けその中の1本に綿糸を通してオイルケースの中にいれる工程があります。

糸調子台組

糸調子台組

加工内容

10点のパーツによって組み合わされています。糸の張りを調節する部品です。

糸きり駆動レバー組

糸きり駆動レバー組

加工内容

2点のパーツによって組み合わされています。L字形にプレスし、Lの先をフライスした板とφ20×41のブッシュを圧入後、ブレージングしてφ20の軸の一部を、角度を合わせてDカットしています。

押え板組

押え板組

加工内容

4点のパーツによって組み合わされています。アルミ(460×300)のアルミ枠に4ヶ所ナットを圧入し、片面にクッションを貼り付けています。

糸緩め駆動レバー組

糸緩め駆動レバー組

加工内容

7点のパーツによって組み合わされています。板はプレス後に熱処理を施し、バレル研磨を行っています。先端のR部分にかけてバフ仕上げをしています。段ネジにカラー2種類を入れナットで締めつけます。その際カラーは円滑に回転しなければなりません。

エアーブロー組

エアーブロー組

加工内容

材質C2600で製作しており、曲げたパイプと切削加工した本体をロウ付けし、クロームメッキを施したものです。

環境負荷物質への対応

環境負荷物質への対応
工業用ミシンの部品において、無視できないのが環境負荷物質です。弊社では、全ての協力加工工場に厳しい基準を設け、RoHS指令の環境負荷物質に対応しています。

環境負荷物質への取り組みについて

工業用ミシンの部品に関する
お問い合わせ・ご相談は大島製作所へ!

TEL:06-6921-0765

電話対応時間:8:45〜17:30(定休日:土・日・祝日)
電話対応時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせはこちら