ロットについて相談したい-ロットのよくあるご要望に、弊社ならこうお応えします

ロットについてお悩みの方へ

近年、縫製の多くは中国や台湾といった海外で行われ、それに伴ってミシンメーカー様やパーツメーカー様も、海外での事業展開を進めていらっしゃるかと思います。
海外での生産はある程度のロット数で対応されていることが多いでしょうが、中には補給部品のようなロットが極めて小さい部品もありませんか?ロットについてのお悩みがあれば、ぜひ弊社にご相談下さい。

弊社の小ロットへの対応と、工業用ミシンのロットを取り巻く環境

大島製作所の小ロットへの対応方法

小ロットに対応できる業者が減少したため、弊社へのロットやスポット対応に関するご相談は年々増えてきています。
弊社は、そういったご相談に積極的にお応えしたいと考えています。そのためにも、以下の点を明確に確認させていただいた上で、お話を進めていきます。
  • 単発(スポット対応)の部品なのか、継続的なものなのか
  • 現実的な小ロットの価格と、弊社の見積もり
  • 納期の確認

ロットについてよく伺うお悩みと、その社会的背景

「小さいロットに対応してくれる加工業者が、海外にも国内にもいない・・・・。」
ミシンメーカー様・パーツメーカー様の海外進出が当たり前となった今、上記のようなお悩みをよくお伺いします。このようなお悩みが発生するのには、以下のような背景があります。

大ロットは海外へ、小ロットは国内へ・・・減少していく国内の加工業者

ロットの大きい工業用ミシンの部品は、海外で生産した方がコストを低く抑えられます。一方国内で組立てる小ロットの工業用ミシンの部品は、海外で作っても輸送コストがかかってしまうため、日本国内で製造した方がコストを抑えられます。
大ロットは海外へ、小ロットは国内へ・・・減少していく国内の加工業者
しかし、そういった小ロットの部品の製造に対応する業者が、年々減少しているのです。大ロットの製造が海外へ流出していく以前は、大ロットをメインに、時々依頼の入る小ロットにも対応していましたが、大ロットが流出した今、手間がかかって利益が少ない小ロットは敬遠されるようになってきたのです
また、流出した大ロットの売上げを補うため他の業界に進出してゆく加工業者も増加し、小ロットに対応する加工業者はどんどん減っていく、という悪循環が起こっています。
ロットで悩まれているメーカー様・パーツメーカー様は、本当に多いと思います。そういった皆様のためにも、弊社はあえて現実的な小ロットの価格をご提示します。その価格の中で、弊社と協力工場とでできることは全てさせていただき、皆様のご要望を実現いたします。

弊社が過去に製造した部品の事例

弊社が過去に製造した部品の事例
弊社は高い技術を持った協力工場とのネットワークの下、これまでに多くの工業用ミシン部品を製造してきました。こちらでは様々な部品の事例をご紹介しております。
工業用ミシンの部品において、無視できないのが環境負荷物質です。弊社では、全ての協力加工工場に厳しい基準を設け、RoHS指令やその他の環境負荷物質に対応しています。

環境負荷物質への取り組みについて

工業用ミシンの部品に関する
お問い合わせ・ご相談は大島製作所へ!

TEL:06-6921-0765

電話対応時間:8:45〜17:30(定休日:土・日・祝日)
電話対応時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせはこちら